三十路SEの子育てとかなんとか

三十路SE♂の子育て記録。2015年9月生まれの息子と妻と3人家族です。

トロールの森:子連れ家庭に優しいペンション

今年の3月、日光にある「ペンション トロールの森」に宿泊しました。 とにかく子連れに優しい宿でまた行きたいと思ったのでご紹介します。

 

目次

 

旅行の経緯

夫婦2人とも温泉が好きで、とにかく冬は温泉、温泉旅館へ旅行、目的は宿の温泉に入ること、というくらい温泉を愛しているのですが、息子くんがうまれてからはなかなか気軽に行くこともできず。

息子くんを連れての旅行は完全に「観光そっちのけで、子連れに優しい宿でひたすらのんびりする」となっているのですが、今回も日光観光は全くせず。日光駅から宿の送迎で宿に直行し、1泊して宿の送迎で駅に着いてそのまま帰る、という旅でした。苦笑

 

子連れ家庭に優しいポイント

おもちゃ、絵本がたくさんのキッズスペース 

キッズスペースには、オーナーが集めたという絵本たちとおもちゃが所狭しと集まっています。21時消灯、朝も遊べるので、起きてる時間はほとんどキッズスペースで遊んでました。部屋がそんなに広くなかったせいもありますが。。

絵本は近隣の図書館に匹敵するような数・種類の本が並んでおり、息子くんの好きなトーマスの古い?絵本もあったので楽しめました。

f:id:us_key:20170409230834j:image

息子くん大興奮の図。

 

離乳食の料理の種類が豊富・ボリューム満点!

料理は大人用・子ども用ともに量たっぷりで大満足でした。息子くん用には完了期食をいただき、料理の種類も豊富で楽しめたようです。さらに息子くんはお代わりもいただきました。ごはんだけかと思いきやおかずもお代わりをいただき、「ものすごく食べますね」とコメントいただきました。。

朝ごはんは焼き立てパンが食べ放題で、これまた大満足。

f:id:us_key:20170409230349j:image

晩ご飯の写真(離乳食完了期)。お代わり含めるとほぼこれ×2頂きました。。

 

子連れ家庭が殆どで、気兼ねなく過ごせる

殆どというか今回泊まった日は多分子連れ家庭だけでした。もちろん子供の年齢幅はありますが、1歳~4,5歳くらいが多かったように思います。その辺とかもうちょい上の子どもは大声出したりしてしまうこともあると思いますが、周りがみんなそんな感じなので気を遣う必要がなく、気持ちが楽です。むしろ周りのそういう様子を見るのもほほえましいというか。こういうのって子連れ旅行だとほんとありがたいです。

 

アンパンマンのDVD放映

なんと夕食後の時間には別棟でアンパンマンのDVD放映。毎回違うのか分かりませんが、泊まった日に放映されたのは多分これ↓自分が観てた頃と最近しか知らない身としてはなかなか突っ込みどころ満載でした(バタ子さんがジャムおじさんのことを「おじさーん!」と呼んでたり)。息子くんは一瞬だけ出てきた天丼マンを見て以来、「てーんてーんどーんどーん」と真似が止まりません。笑

 

家族風呂は広くてゆったり、おもちゃもたくさん

お風呂はチェックイン時の予約制、家族風呂です。結構広めで大人4,5人でも入れそうなくらい。子ども向けのおもちゃもたくさん置いてあったので、途中で嫌になることもなくゆっくり入れました。

 

まとめ

子連れ家族が集まるペンション、というのには理由があるものですね。子どもも楽しめるし、大人も一緒に楽しみつつ、ゆっくりできる。子連れ家庭が殆どなので宿泊中に色々気を遣う必要もなく、のんびーりさせてもらいました。

これだけのんびりできるならちょっとくらい観光してもいいかな、と思えるくらい。息子くんも歩けるようになってきて移動も多少楽になってきたし、そろそろありかもなぁ。

広告を非表示にする