三十路SEの子育てとかなんとか

三十路SE♂の子育て記録。2015年9月生まれの息子と妻と3人家族です。

日本中の3歳児(+α)が集まる駅

9月に息子くん3歳の誕生日を迎えました。

そこで、(これまた)妻が発見し、ずっと3歳になったら一緒に行く!と言っていた、「三才駅」に家族で行ってきたので、今日はその旅程について記事にしたいと思います。

と言っても電車好きの息子くんのために色んな電車に乗るという旅程にしたため、電車の話がメインになります。笑

 

目次

 

1日目

あさま

大宮駅から長野駅まであさまに乗りました。当然(?)のことながら早めに駅に到着し、新幹線を何本も見送ってからの出発です。

なお、休暇を取って平日出発だったため、通勤時間と重なり大宮までの電車は結構な混雑。15kgの息子くんを抱っこして満員電車を耐えるのはなかなかきつく、息子くんもブーブー言ってましたが、日々の両親の辛みが分かってもらえたかな。苦笑

 

息子はE2系に乗りたがっていたけど、E2系はもう北陸・長野新幹線では走ってないんですね~。というのも息子と会話する中で学んだこと。笑

f:id:us_key:20181105191058j:image

大好きなE3系E6系も来たし~。

f:id:us_key:20181105191121j:image

E5,E6の連結してるのも見れたし~。
f:id:us_key:20181105191124j:image

E4系の背の高さにびっくり。

f:id:us_key:20181105191138j:image

 

 

 

ろくもん

軽井沢であさまを降りて、軽井沢から長野までろくもんで移動です。こういった観光列車に乗ることって滅多にないので親もワクワク。

 

ドクターイエローのTシャツはお揃いです。ついでに靴も。親バカw

Tシャツ・COUPLING Dr. (カップリング・ドクター)|TシャツのOJICO

f:id:us_key:20181105191153j:image

息子くんは木のプールに大喜びでした。寝ころんだら結構痛いんだけど、大丈夫なのかなー。体が軽いから平気なのかしら。。

f:id:us_key:20181105191200j:image

 

スノーモンキー

長野駅近く(バスで移動)でそば打ち体験(息子くんはちょっとお手伝い+食べる係。笑)をして、長野からは長野電鉄スノーモンキーに乗りました。

f:id:us_key:20181105191222j:image

この電車、昔成田エクスプレスで使用していた車両を使っていて、先頭車両に個室があるのです。個室券は1室1000円、事前予約は無く当日購入のみ、早い者勝ちです。

我が家の旅行は3連休前の平日。16時台の券が13時頃に買えました。よかったー。

f:id:us_key:20181105191259j:image

こちらの記事を参考にさせていただきました。

終点の湯田中まで行き、宿でのんびりで1日目終了です。温泉が熱くてほぼ入れなかった…(息子くんだけでなく僕も熱くて無理でした)。

 

2日目

車で三才駅

いよいよ三才駅へ!行きと同様長野電鉄長野駅まで戻り(特急ゆけむりに乗りたかったのだけどちょうどいい時間の電車がなく、普通電車で移動…)、そこからはレンタカーを借りて移動です。

借りるのは4時間程度だったのでちょっと勿体ないかなとも思ったのですが、車両基地を見に行きたかったのと、昼ごはんの場所への移動が困るかなと思いまして。あとはちょうど息子くんが車内で昼寝してくれたらありがたいなーと思い。これは見事に的中しました。

 

三才駅は駅の方々の歓迎ムードがものすごくて、とっても楽しめました。車掌さんの帽子をかぶらせてもらって記念撮影!

f:id:us_key:20181105191323j:image

この後駅に置いてあった電車の絵本をひたすら読むという、いつもとあんまり変わらないことをして、三才駅を後にしました。笑 

ちなみに、タイトルに「3歳児+α」と書いたのは、3歳児だけでなく、「歳の下1桁が3の人歓迎」ということらしいです。なんでも「3歳児から123歳まで」オッケーだとか。すごい。

全国から3歳児が集まる話題の「三才駅」 駅名だけじゃない人を呼ぶ理由とは? 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

 

車両基地(全然おらず)

この後車で車両基地に向かいます。息子くんはこれからE7系たくさん並んでるとこ見えるよって言ってるのに何やら眠たいご様子。。。車両基地到着前に寝てしまいます。

車両基地は上を通る橋から見下ろすような形になるのですが、なんとE7系1台しかおらず。。車通りはそんなに多くないものの、写真を撮ることもなくそのまま通過。。。

うーん息子くんの睡眠時間を確保できたからよしとするかぁ。 

 

で息子くんの睡眠時間を稼ぎつつ長野駅に戻り、車を返す頃に息子くんお目覚め。駅で昼ご飯を食べ、デッキからバスターミナルを眺めて時間を潰すなど。こういうので時間が潰せるのはありがたいんだかどうだか。。

 

姨捨スイッチバック

こちら↓の記事で紹介した「やまをこえるてつどう」でスイッチバックに魅せられた息子くんなのですが、長野から塩尻の間を走るJR篠ノ井線にある「姨捨駅」がスイッチバックになっているということで、楽しみに。

スイッチバックはこちらの記事をご参考あれ。

息子くんが線路を見たいというので結構長い時間抱っこで電車の揺れに耐えることになり、なかなか大変でした。。

 

スーパーあずさ

そして大トリはスーパーあずさ!松本から新宿まで。

f:id:us_key:20181105191356j:image

今年の7月にトーマスランドに行ったのですが、その際にあずさ、かいじに乗ったけどE353系に乗れず。乗りたい願望が強かったので、遠回りだし新幹線よりだいぶ時間かかるけど乗ってきました。

いやーできたてほやほやな車両ということもあり、綺麗でした!テンション上がる!…とは言え新幹線ほど速くないので長旅。松本から新宿まで2時間半以上。これだけ長く1本の電車乗るのは初めてかもなぁ。

途中駅弁食べたりするも、なかなか2時間半を潰すのは大変。電車の本を読んだりiPadでprime videoのトーマス観たりでなんとかかんとか。そんなこんなで楽しい旅路もおしまいでございます。

 

まとめ

そんな感じでかなり鉄分強めな3歳の旅行でしたが、息子くんの旅行は大体こんな感じですね。今回は三才駅という明確な目的地がありましたが、乗りたい電車で行き先が決まることも多々。

次こそはE2系に乗るか、E4系で新潟方面に行くか、、どっちも寒いからあえて飛行機で南に飛ぶか。また移動も楽しいお出かけができたらなと思います!

わが家のトイレトレ事情

2歳から3歳にかけての山場?といえば、トイレトレ。

我が家でも春先からトイレトレしてたもののなかなか進まず、夏前から「この夏の間に!!」と保育園の先生も力を入れてくださり、すっかり上手にトイレに行けるようになりました。

その間の苦闘など振り返ってみました。

 

目次

 

春先の状態

うんちは8割方宣言してくれる。おしっこはまったくだめ。

パンツを履きたがらない。

 

家で試したアレコレ

トーマスのトイレにする

夏前に行ったトーマスランドのトイレが気に入ったため。トイレのドアに(車体)番号付ける、トイレの中に息子が好きなゴードンの写真を貼るなどしてみました。

そういやトーマスランドい行ったのも記事にしてないですよね。一応行ったのはブログさぼり期間明けてからなのですが。最近おでかけ記事を全然アップできていないので気が向いたら書きます(書かない流れ)。

ペンギンのトイレ

当初は踏み台を用意して大人のトイレでたちしょんをさせてたのですが、踏み台に立っておしっこするのが怖いらしく、おしっこ用のおまるを用意しました。

かわいいかわいい言って喜んでおしっこします。頭なでなでとかしてますw

そのままだとちょっと背が低いので、ちょっと高いところから紐でぶら下げて設置しています。

Anniversarich おまる トイレトレーニング 男の子 ペンギン 取り外し可能 (青)

Anniversarich おまる トイレトレーニング 男の子 ペンギン 取り外し可能 (青)

 

 

ステップ付きの便座

うんちも当初はアンパンマンの補助便座を使っていたのですが、トイレに自分で座れないのがいや、自分でやりたいという気持ちがあるようだったので、その気持ちに応えるためにステップつきの便座を買いました。

載せてる商品とは違うものなのですが、こういったステップつきの補助便座って結構あるんですね。全然知らず。。

 

トイレの絵本

「トイレとんとんとん」という絵本を図書館で借りたところ、気に入りました。

トイレとんとんとん

トイレとんとんとん

 

話はまあトイレに行きたくて扉をとんとんするけどなかなかあいておらず、漏れそう漏れそうってしているとやっと開いてあーすっきり、という、文字に起こすとしょうもない内容なんですが。笑

これのまねをして、親が先に入ってとんとんしてもらったり、息子が先に入って親がとんとんしたり。さらに、ぬいぐるみと順番にトイレに行ったり。

(発展系で、息子がなかなか朝起きないときにぬいぐるみがトイレ行きたいよ~と言っている体で話すと、ぬいぐるみをトイレに連れて行ったり、なんやかやで起きてトイレまで行ってくれたりします。笑)

 

トイレの探検

外出先のトイレにもなかなか行きたがらなかったのですが、「トイレの探検しよう!」といったら一緒に行くようになりました。毎週のスーパーへの買い物でも、初めて出かける場所でも、出かけたらとりあえず「トイレ探検しよう!」です。大人用のトイレでもよほど底が高いものでない限り上手に立ってできるのでありがたいです。もしかしたら女の子だと事情が異なるのかもですが。

f:id:us_key:20181105153153j:image

貨物フェスティバルの仮設トイレでもバッチリ!(この写真を撮る大人の傍から見た怪しさよ…)

 

まとめ

あの手この手で息子氏をおだて、トイレへのやる気を引き出した奮闘記を書かせてもらいました。この辺の策はだいたい妻が考えてくれたもので、ほんとに感謝感謝でございます。。

時々漏らしたりしてしゅんとしたりやる気をなくしたりイヤイヤしたりということもあった(今もある)のですが、なるべく気長に構え、なぐさめ、うまくできたら褒めるという心構えが最も大事だなとトイレトレに限らず感じます。

色々と口が達者になってきた3歳児との戦いは日々続いていますが、なるべく気持ちの余裕を持って、イヤイヤも含めて子どもの成長を見守っていけたらと思います。

GooglePhotoがめっちゃ使える件:ビデオカメラで撮影した動画もノーストレスでスマホ視聴可能!

みなさまGooglePhoto使ってますか?

 

子育てしてると、というわけではないですが、写真はどんどんたまるもの。

我が家も例に漏れず、愛する息子くんのかわいい写真を「今しかこの表情撮れない」と常に思いながら撮影しまくり、似たような写真がスマホやデジカメ(もはやデジカメって呼び方を最近しないのではないかと書きながらふと思ったw)に溜まりまくっていく日々でございます。

そんなわけで溜まっていく写真の避難先というかバックアップ先としてGooglePhotoをずっと使ってきたのですが、いまさらながら新発見があったので記事にしたいと思います。

f:id:us_key:20181018110521j:plain

 

 

目次

 

 

そもそもGooglePhotoってなに?

Googleが提供している写真のバックアップ、共有のプラットフォームです。

デジカメ(死語?)やスマホで撮影した写真ファイルをGoogleのサーバーにアップロードして、PCやスマホから写真を見ることができるっていうサービスですね。所謂「クラウドサービス」ってやつです。

「アルバム」を作成して写真を分類するといった通常のファイル保管機能の他に、写真に写っているものから顔を識別して写真を人毎にまとめたり、背景を判別して撮影場所毎にまとめてくれたりします。

(当然精度はまだまだといったところもありますが。私は新婚旅行でイタリアに行ったのでイタリアの写真がまとめられてたりするのですが、なぜかその中に息子くんが自宅で洗濯かごを漁っているw写真が混ざってたりします。なんでや。)

また、デスクトップアプリやスマホアプリもあり、スマホで撮影したりPCに取り込んだ写真をどんどんアップロードしてくれたりします。便利。

セキュリティ面で言うと、アップした写真は当然ながら誰でも見れるわけではなく、基本的に自分だけが見ることができます。他の人と共有したい場合には相手を指定して共有することもできます。安心。私は妻とアルバムを共有して息子の写真をアップして2人でニヤニヤしています。笑

 

GooglePhotoのすごいところ

上記の顔や背景での分類も、AIすげー!!って感じなんですが、何よりすごいと感じるのが、「容量無制限」ということ。

無制限といっても多少制限はあって、1ファイルごとのサイズを落とす必要はあります。

f:id:us_key:20181018101544j:plain

わかりづらい名前だなと感じるのですが、「高画質」という設定にすると容量無制限にアップロードできます。この「高画質」の条件が、写真であれば「16MP(メガピクセル)」、動画であれば「1080p」です。

正直、十分すぎるサイズ。私が持っているミラーレス一眼もスマホも最大画質で撮影したとしても16MPに満たないのです。まあ多少圧縮したりして画質は落とされてるんでしょうけど、正直素人目にはまったくわかりません。

そんなわけで撮影した写真は何も考えず片っ端から放り込んでいます。自宅のハードディスクだけに保存していると破損時のリスクもあるわけですが、クラウドにアップしておくことでそのリスクも軽減されるわけです。

 

ビデオカメラで撮影した動画もバックアップできた!!!

で、ここからが今まで知らなかった話です。動画については今までスマホで撮影した動画しかアップしてなかったのですが。いや、正確に言うとアップしてない「つもりだった」のですが。

なにやらアップされている写真や動画を見ていたら、「あれ?これビデオカメラで撮影したやつでは?」という動画もアップロードされていたのです。どうやらSDカードからPCにバックアップした際に自動でアップロードしてくれていたみたい。

で、ビデオカメラの動画って拡張子が「.m2ts」という、専用ソフトがないとPCでも再生できないような拡張子だし、サイズも大きいのでアップロードできないんじゃないかと勝手に思っていました。下記ページにアップロードできるファイルのサイズや拡張子が記載されています。

どうやら.m2tsもアップロード可能だし、サイズは1ファイル10GBまで可能とのこと。すごい。

 

エンコード変換が自動で行われる(.m2ts→.mp4)=スマホで見れる!

上記したとおり、.m2tsという拡張子は専用ソフトがないとPCでも再生できないし、ましてやスマホで見ようと思ったらエンコード変換をした上でスマホに移すなんていう手間をかけないといけない。

ここがビデオカメラで動画を撮影する上で結構ネックになっていました。スマホでも動画を撮影することはできるけどやっぱり画質はビデオカメラのほうがいいし、ズームレンズなんて搭載していないし。先日あった運動会のような場面では息子くんの姿をしっかり撮影するにはズーム必須なのです。がしかしビデオカメラで撮っても後で見るのが難儀。ブルーレイに焼いてテレビで見るとか?そもそもブルーレイ焼けるレコーダーがないし。。

なんてことを考えていたのですが、なんとGooglePhotoにアップしただけで.mp4に変換してくれているとのこと!!!!!

つまり、デジカメ(死語)で撮影した写真をPCに取り込むだけで、勝手にGooglePhotoにバックアップしてくれて、同時に.mp4に変換してくれるので、GooglePhoto経由でスマホで再生できる!!!!!

いやーこのフローほんとに感動ですよ。だってPCに取り込むだけで完了なわけです。その後のファイル形式変換(そもそも変換するために専用ソフトが必要)、クラウドにアップというプロセスをファイルごとにやらないといけないところが全て省略!すばらしい!!

 

まとめ

なんかやたらGoogle推しみたいな記事になってしまいましたが、これを知ったときの感動があまりに大きかったもので記事にしてみました。

おかげさまで先日保育園で行われた運動会の動画もスマホで見ることができ、妻と2人でニヤニヤがとまらない日々でありますw

ビデオカメラで撮影した動画ファイルが溜まっている方、スマホで見たいけど変換やら何やらがめんどくさいと感じている方、ぜひお試しください!

 

Googleサービス Perfect GuideBook [改訂第4版]

Googleサービス Perfect GuideBook [改訂第4版]